ハリーポッターの杖の木材や芯材については物語のなかで語られていましたが、長さの意味のついては言及されていないようです。
ですが、pottermoreで説明してありました。

長さの解説や登場人物の杖の長さを、長さ順に掲載しています。

スポンサーリンク




長さの意味についての解説

結論から言うと、長さは使用者の個性が反映しているもよう。
一般的な杖の長さは23〜36cm。

  • 【短めの杖】洗練した呪文をかける魔法使いに適している傾向がある
  • 【長めの杖】劇的な呪文のかけ方をする魔法使いに適している傾向がある
  • 【極端に短い杖】性格に欠陥のある魔法使いが選ばれる傾向にある
  • 【極端に長い杖】大柄な魔法使いが選ばれる傾向にある

一般的な杖の長さ(短め・長めも含まれる)

一般的な杖の長さは23〜36cm。
それ以下・以上の杖もあるが稀。

【一般的な長さの杖のを持つ魔法使い】

極端に短い杖を持つ人の特徴

小柄な人が杖に選ばれるのではなく、性格に欠陥がある人が選ばれるもよう。

【短い杖を持つ魔法使い】

スポンサーリンク




極端に長いの杖を持つ人の特徴

大柄な人が持つことが多い。

【長い杖を持つ魔法使い】

 

スポンサーリンク