ハリーポッターシリーズに登場するオリバンダー店で販売された、ロン・ウィーズリー Ron Weasleyの魔法の杖の芯、本体の素材(木の種類)、長さ、意味、製造元などを紹介しています。

スポンサーリンク




1本目 チャーリーからのおさがり

杖の芯

ユニコーンの毛

本体の素材(木の種類)

トネリコ

長さ

33 cm

杖にまつわるエピソード

    • 兄のチャーリーからのおさがりの杖。
    • 杖はボロボロで、白銀のユニコーンの毛がキラキラと見え隠れしていた。

暴れ柳にやられて折れてしまう。

  • しかし、そのおかげでロンの壊れた杖を手にいれて、ハリー達に忘却呪文をかけようとしたロックハート先生自身に呪文が跳ね返るアクシデントが起こる。(2巻 ハリーポッターと秘密の部屋)

2本目 新調

pin

杖の芯

ユニコーンの尻尾の毛

本体の素材(木の種類)

長さ

35.6 cm

製造元・店

オリバンダー

杖にまつわるエピソード

チャーリーのおさがり杖を折ってしまったので、新しい杖を父のアーサーに買ってもらう。(3巻 ハリーポッターとアズカバンの囚人)

スポンサーリンク




その後の杖にまつわるエピソード

  • 2本目・3本目 – 人攫いを武装解除して奪った杖が2本
    一本はハリーにあげたが、所有者がロンになっていたため、ハリーは使いこなせなかった。(7巻 ハリーポッターと死の秘宝)
  • 4本目 - ピーター・ペティグリューを武装解除して奪った杖(7巻 ハリーポッターと死の秘宝)

2016年4月18日、JKローリングがツイッターのアカウント上で初めて、ハーマイオニー、ハリー、ロン、ドラコ、ジニーの杖のデザインを明らかにした。

スポンサーリンク