ハリポタシリーズ最後の8巻「ハリー・ポッターと呪いの子」に出てくる、スコーピウス・マルフォイの魔法の杖について紹介しています。

スポンサーリンク





【手前がスコーピウス・マルフォイの魔法の杖】

スコーピウス・マルフォイの魔法の杖|ハリーポッター (ハリポタ)

スペック

スコーピウス・マルフォイの杖のスペックは不明。
芯、木の種類、長さ、柔軟性などの詳細は一切明らかにされていない。

杖にまつわるエピソード

2020年ホグワーツ4年生時に、スコーピウス・マルフォイは、デルフィーニの正体を怪しんだ際にフルガーリ呪文で彼女に両腕を光の縄で縛られてしまう。
一緒にいた親友のアルバス・セブルス・ポッターに逃げるように叫んだが、アルバスも同様に縛られた。
その際、デルフィーニがまずアルバスの杖を折り、次にスコーピウスの杖を折った。(8巻)

その後、新しい杖を入手したか、そうであればどのような杖か、といったことは明らかにされていない。

スポンサーリンク




舞台「ハリーポッターと呪いの子」のレプリカ杖

舞台「ハリーポッターと呪いの子」の英国・米国・オーストラリアのウェブサイトの各国ストアから、スコーピウス・マルフォイの公式レプリカ杖が発売されている。
発送先はヨーロッパ、米国、オーストラリアなどへのみで、日本への発送サービスはなし。

スポンサーリンク