ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに登場する、屋敷しもべ妖精のドビー。

そのドビーのセリフがなかなか感動的だったりするので、名言をまとめてみました。

スポンサーリンク




自己お仕置き

ドビーは窓ガラスに頭を打ち付ける。

ドビーは悪い子!ドビーは悪い子!

【引用元: 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋】


ドビーが自分が仕える家族の悪口(後にマルフォイ一家と判明)を言いそうになったので、自分で自分にお仕置きをしたとのこと。

ドビー目は、オーブンの蓋で両耳をバッチンしないといけないのです。

【引用元: 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋】

ドビー、激しい…どちらもかなり痛そうです…

ハリーポッターはドビーが可哀想で何かしてあげれることはないかとドビーに問うと、主人から洋服の類をもらって解放してもらう他はないけど、それは絶望的だとのこと。

実質奴隷から解放後に、魔法を放つかっこいいハウスエルフに


ハリーにマルフォイ家の実質奴隷から解放してもらった後は..

ハリー・ポッターに手を出すな!

【引用元: 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋】

と叫んで、元主人のルシウス・マルフォイを魔法で吹き飛ばす。

いわゆる奴隷が給料を請求

屋敷しもべはどこかの家に無償奉仕(いわゆる奴隷)をして、お給料はもらわないのが普通。

ドビーは働くのが好きです。でもドビーは服を着たいし、給料をもらいたい。ハリー・ポッター……ドビーめは自由が好きです!

【引用元: 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット】

元主人一家の親族から罵声が…

マルフォイ邸に囚われていたハリー達の元に、ドビーがヒーローのごとく登場して状況が急展開へ。

ベラトリックス・レストレンジが、よくも自分の主人にたてついた!、とドビーにお怒りの模様。

ドビーにはご主人様はいない!
ドビーは自由な妖精だ。
ドビーはハリー・ポッターとハリーの友達を助けに来た!

【引用元: 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝】

スポンサーリンク




ドビーの最後の言葉

ドビーはマルフォイ邸からハリー達を連れて姿くらましで、ビル・ウィーズリーフラーの貝殻の家へ。
しかし、その直前にベラトリックス・レストレンジからナイフを投げられて、胸にグサっ!

書籍と映画ではドビーの最後の言葉が違います。

書籍

ハリー…ポッター…

【引用元: 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝】

映画

なんて美しい場所…友と一緒にいれて、ドビーは幸せ、彼の友と一緒にいれて…ハリー・ポッター

【引用元: 第7作 ハリー・ポッターと死の秘宝PART1】