Harry Potter ハリーポッターに出てくる魔法、
Apparition/Disapparition 姿現わし/姿くらまし
の用途や使い方などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法

姿現わし/姿くらまし
Apparition/Disapparition

魔法の用途

今いる場所から姿を消して、行きたい場所に姿を現わす瞬間移動の魔法。手をつないだり、腕を組むことで、別の人を連れて行くことが可能。

魔法の使い方

3D(Destinationどこへ、Determinationどうしても、Deliberationどういう意図で)を強く明確に意識するとこの魔法を使うことができる。
姿を現わしたり、姿くらましたりする時には物が割れるような音か、ポンという音がする。

この魔法の制限

  • 魔法省主宰の姿現わし/姿くらましの使用許可試験に合格した17才以上の魔法使いのみに使用許可が下りる。ホグワーツの6年生はこの魔法を習い、試験に備えて練習する。
  • 姿現わし防止呪文や姿くらまし防止呪文がかかっているホグワーツ城内他、この魔法が使われると姿現わし/姿くらましができなくなる。(魔法生物である屋敷しもべ妖精や不死鳥は対象外で、自由に移動できる)
  • 移動できる距離が長いほど、難易度が上がる。

関連する魔法

姿現わし防止呪文/姿くらまし防止呪文
Anti-Apparition/Anti-Disapparition

スポンサーリンク




登場場面のシーン

全巻で多数の魔法使いが頻繁に使っている。ハリーポッター自身は在学中は年齢制限に引っかかり、使えなかった。

スポンサーリンク