ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに登場する、クリーチャー。

屋敷しもべ妖精、クリーチャーの映画画像・その後・最後の死まとめています。

スポンサーリンク




クリーチャーの映画画像

【右の小さい生き物がクリーチャー】

クリーチャーのプロフ

クリーチャーは、ブラック家に仕えた純血主義に感化された屋敷しもべ妖精。

一族最後の直系でありながら、唯一純血主義ではないシリウス・ブラックと仲が悪かった。

シリウスが殺害された後は、その遺産を受け継いたハリーがクリーチャーの主人となる。
しかし、純血主義ではないハリーともうまくいかず、ダンブルドアの提案により、クリーチャーはホグワーツのキッチンで働くことになった。

ヴォルデモート陣営が台頭をしてハリーたちが分霊箱探しを始めると、クリーチャーが分霊箱となったスリザリンのロケットを持っていたことが明らかになる。
ヴォルデモートが隠した分霊箱をクリーチャーとレギュラスが取りに行って、その場でレギュラスは死亡。
その直前にクリーチャーにロケット持ち帰って破壊するように命じた。

しかし、クリーチャーは何をやってもロケットを破壊することができなかった。

それを知ったハリー達がロケットの破壊を約束するとクリーチャーはハリー達に協力的になった。

ホグワーツでの最後の戦いの際には、クリーチャーがキッチンにいた屋敷しもべ妖精たちを引き連れてレギュラスの名の下に参戦して生き残る。

その後(最後の死)

JKローリングのツイートによると、クリーチャーは666歳で他界したとのこと。
少なくともレギュラスが死亡した1979年から2017年までは存在していた。


スポンサーリンク




クリーチャーのデータ

名前
英語
クリーチャー Kreacher
種族 屋敷しもべ妖精
享年 666歳
性別 女性
主人 ●ブラック家→
●ハリーポッター

登場作品

  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

屋敷しもべ妖精、強い!英語、靴下の意味など|ハリポタ・ファンタビ