ハリー・ポッター(ハリポタ)に出てくるキャラクター、
トフティ教授とは?

魔法省の魔法法執行部部長、グリゼルダ・マーチバンクスについて、書籍の原作に基づいたプロフィール、ファンアートを紹介しています。

スポンサーリンク




ハリー・ポッター(ハリポタ)のトフティ教授とは?

トフティ教授は魔法省の魔法試験局から、ハリーが5年生の時にホグワーツに派遣されたOWL試験の試験官。

トフティ教授は、ハリーの「呪文学」「闇の魔術に対する防衛術」「天文学」の実技を担当した。

トフティ教授は「闇の魔術に対する防衛術」採点後にチベリウス・オグデンが自分の親友で、ハリーが守護霊を作り出せると聞いたので守護霊を見せてくれれば特別点を与えることを伝える。
ハリーは守護霊を作り出して、O・大いによろしい・優を取った。

「天文学」の実技テストで塔の上からハリーたちが望遠鏡を使って星座図に正しい星の位置を記入するのをグリゼルダ・マーチバンクス教授と一緒に監視していた。
その際に、アンブリッジと4人の闇払いがハグリッドを襲撃したのを目撃。
その仲介に入ったマクゴナガル先生に不意打ちで4人から失神呪文が放たれて先生は倒れてしまう。
それを見たトフティ教授は不意打ちだ!けしからん仕業だ!と叫んだ。

トフティ教授のデータ

名前 トフティ教授
Professor Tofty
属種 人間 魔法使い
性別 男性
職業 OWL試験官
特徴 年老いてハゲている
スポンサーリンク




登場作

  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ファンアート

スポンサーリンク