ハリーポッターのスピンオフ、ファンタビシリーズ「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の登場人物キャラクター、アーマ・ドゥガード。

書籍の原作に基づいたプロフィールと映画の吹き替え声優などを紹介しています。

スポンサーリンク





【右から3番目の小さな女性がアーマ・ドゥガード】

アーマ・ドゥガードのプロフィール

アーマ・ドゥガードは、1901年時点で魔法使いの名家、レストレンジ家の使用人をしていた。

当主コーヴァス・レストレンジ・シニアに頼まれて、娘リタと父と同名の乳幼児の息子コーヴァスをアメリカに送り届けるために船に乗船。

しかし、船中でリタが弟コーヴァスとクリーデンスをすり替えた後に、船が転覆する。

自分がコーヴァスだと信じていたクリーデンスが、1927年パリにアーマ・ドゥガードの元を訪ねてくる。

その際、アーマ・ドゥガードは潜んでいたグリムソンに殺害された。

名前 アーマ・ドゥガード
Irma Dugard
死去 1927年9月初旬 パリ
属種 半人間、半エルフ
性別 女性
職歴 レストレンジ家使用人(1901年時点)

魔法関連

ユスフ・カーマが確認して追跡できないほど、魔力がなかった。

スポンサーリンク




登場シーン

  • ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(脚本書籍・映画)

映画役者 俳優(女優)と吹き替え声優

俳優 ダニエル・ユーグ
吹き替え声優 神代知衣
スポンサーリンク