書籍「幻の動物とその生息地」と pottermoreとに登場する魔法生物の
ハイドビハインド妖怪。

ハイドビハインド妖怪の英語・現実世界での意味、概要、登場巻、イラスト画像、ファンアートなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物・英語

ハイドビハインド妖怪
Hidebehind

名称の語源・由来・「現実世界」での意味

ハイドビハインド(Hidebehind)は、アメリカの伝承にある妖怪。
森で迷った人を食べる。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXX:危険レベル。専門知識と技能を持つ魔法使いなら対処が可能。

生息地

北米に生息。
特に北アメリカ、主にマサチューセッツ州の森に生息。

概要

ハイドビハインド妖怪はデミガイズとグールお化けの混種。
高身長で、細いクマのような見た目。
シルバーの毛でおおわれているが、透明になることもできる。
体を歪めて、どのようなものの後ろでも隠れることができる。

人を食べるが、魔法使いならば避けることは可能。

スポンサーリンク




登場作品

「幻の動物とその生息地」(2017年度版)とpottermoreにのみ登場。

ファンアート画像

pin

スポンサーリンク