Harry Potter ハリー・ポッター(ハリポタ)とファンタスティック・ビースト(ファンタビ)シリーズに出てくる魔法生物の
ボウトラックル。

その名称の英語・意味・由来・語源、概要、登場作、ニュートのかわいいピケット(ペットの名前)、集団の呼び名などを紹介しています。

スポンサーリンク





【ボウトラックルのピケット】

魔法生物・英語

ボウトラックル
Bowtruckle

名称の語源・由来・意味

スコットランドの方言でbowは住居、英語の古語でtruckleは木の枝という意味。 合わせると下位の立ち場を取るという意味。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XX:無害でペットも可能なレベル

生息地

イギリス西部、ドイツ南部、スカンジナビアの一部森林地域

概要

体長最大20cm程。自分が住まいとする木の守番となる。
体は樹皮と小枝から出来ていて、長く鋭い指を持っている。

その容姿がカモフラージュとなっているので、見つけるのは難しい。

性格はおとなしいが、自分が住まいとする木に危険が及ぶと指で攻撃する。

ボウトラックルが住む木を切り取る際は、ワラジムシか妖精の卵を提供すると良い。

ボウトラックルの食べ物は?

食べ物は昆虫。

ボウトラックルの集団は何と呼ばれている?

ボウトラックルの集団はブランチ(一派)と呼ばれている。

ニュートのペット的ボウトラックル、ピケット

ニュートといつも一緒にいるボウトラックルの名前は「ピケット」。

スポンサーリンク




登場巻

ハリポタ1〜4巻まではビデオゲームにのみ登場。

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・ビデオゲーム)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(映画Part1)
幻の動物とその生息地 (書籍)
第1作 ファンタスティックビーストと魔法使いの旅(脚本書籍・映画)
ニュートのピケットは、、ニュートとティナの手錠の鍵穴にシェイプを変えて入り、鍵を開けて解放した。
第2作 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(脚本書籍・映画)
吟遊詩人ビードルの物語 (書籍)
スポンサーリンク