Harry Potter ハリーポッター、「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物・魔法動物(ファンタスティックビースト)のマックルド・マラクロー Mackled Malaclawの名称、分類、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

マックルド・マラクロー
Mackled Malaclaw

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXX:有能な魔法使いは対処が可能なレベル

原産地・生息地

ヨーロッパ

概要

マックルド・マラクローはヨーロッパの岩場の海岸に生息するロブスターに似た生き物。平均全長は30cm程で、灰色に緑色のブチが入っている。主な食べ物は甲殻類。

食用には適さないが、間違って身を食べてしまうと酷い熱と緑色の発疹が出る。

マックルド・マラクローに噛まれてしまうと、一週間不運に見舞われるという副作用がある。噛まれてしまった場合、損をしたくなければ賭け事、投資などから一切手を引く必要がある。

魔法具・魔法薬などへの用途

魔法薬に使われる。

スポンサーリンク




登場巻

幻の動物とその生息地 (書籍)
スポンサーリンク