Harry Potter ハリーポッター、「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物・魔法動物(ファンタスティックビースト)のレッドキャップ/赤帽鬼 Red Capの名称の意味、MOM分類、原産地、生息地、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

レッドキャップ/赤帽鬼
Red Cap

名称の語源・由来・意味

イギリスの伝承に出てくる、かなり危険な霊的存在で、主にイングランドとスコットランドの国境近くで見かけられる。赤い帽子をかぶった見にくい老いた小人のような容姿で、人殺しの現場近くに出没して、遭遇する人を惨殺する。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXX:有能な魔法使いは対処が可能なレベル

原産地・生息地

北ヨーロッパ

概要

レッドキャップ/赤帽鬼は小さく、ドワーフのような容姿をしていて、城の地下や、古戦場などの血塗れた場所、または地中の穴に棲んでいる。

一人歩きをしているマグルを見かけると、棍棒で撲殺しようとする。

魔法使いはよける系の呪文や呪いで対処できる。

繁殖期になると、殺人よりも相手探しをするほうが先決なので、通常よりも危険性が低くなる。

スポンサーリンク




登場巻

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・映画・ビデオゲーム)
闇の魔術に対する防衛術の授業の際、ルーピン先生がレッドキャップについて教え、期末テストで出題した。教科書「闇の力―護身術入門」(クエンティン・トリンブル著)にもレッドキャップについて記されている。
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(ビデオゲーム)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝PART2(ビデオゲーム)
幻の動物とその生息地 (書籍)
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)

スポンサーリンク