ハリーポッターに出てくる魔法生物(魔法動物)の
ヒッポカンポス/海馬
の英語名称・語源・意味・由来、分類、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




ヒッポカンポス/海馬の英語・意味|ハリーポッター(ハリポタ)

ヒッポカンポス/海馬
Hippocampus

語源と現実世界における由来・意味

ギリシャ神話に由来。hipposは馬、kamposは海の怪物を意味する。

ギリシャ神話のオリンポス12神のポセイドンは、海馬を使者として使ったり、海馬の戦車を持っていたりした。


【チトラのモザイク ポセイドンの海馬戦車 ルーブル美術館蔵】

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXX:有能な魔法使いは対処が可能なレベル

原産地

ギリシャ

生息地

地中海。
しかし、スコットランドの海岸で捕獲されたことがある。

概要

ヒッポカンポス(海馬)は、上半身(頭と前足)が馬で下半身が巨大魚。肌色は青緑色。タツノオトシゴを巨大にしたような風貌。

卵は長く、オタマジャクシのような半透明。

スポンサーリンク




登場作品

書籍「幻の動物とその生息地」に掲載。

ヒッポカンポス登場のシーンは、映画第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」と第1作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」で撮影はされたものの、削除された。