Harry Potter ハリーポッター、「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物・魔法動物(ファンタスティックビースト)のマンティコア Manticoreの名称の意味、分類、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

マンティコア
Manticore

名称の語源・由来・意味

マンティコアは最も古い文献では、紀元前5〜4世紀の歴史家で医師のクテシアス著「インド誌」、アリストテレス著「動物誌」に記されている。伝説の生き物で、インド、マレーシア、インドネシアの森林に住み、人を食べる猛獣。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXXX:魔法使いを殺害できる程強いレベル。調教やペットは不可能。

原産地・生息地

ギリシャ

概要

マンティコアは頭が人、胴がライオン、尾がサソリの形をしている。人語を話すことが出来ると言われている。

皮は大半の呪文が効かないので、魔法で退治をすることはほぼありえない。

生息数は少ない。

刺されると即死する。

獲えたた獲物を食べる前に、嘆きの歌を小声で歌う。

魔法省はその危険性から、マンティコアのペットや調教は認めていない。

スポンサーリンク




登場巻

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・ビデオゲーム)
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(ビデオゲーム)
幻の動物とその生息地 (書籍)
スポンサーリンク