ハリーポッター(ハリポタ)シリーズの書籍「幻の動物とその生息地」にのみ出てくる
ドラゴン「オーストラリア・ニュージランド・オパールアイ種」。

その英語名称、MOM分類、概要、登場巻、書籍の画像、ファンの描いたイラストなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物・英語名

ドラゴン【オーストラリア・ニュージランド・オパールアイ種】
Dragon – Antipodean Opaleye

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXXX:魔法使いを殺害できる程強いレベル。調教やペットは不可能。

原産地

ニュージランド

生息地

ニュージランド、オーストラリア

概要

通常、ドラゴンは山に生息するが、オーストラリア・ニュージランド・オパールアイ種は珍しく谷に生息する。

最も美しいドラコンの一種だと言われている。

鱗は真珠色で綺麗に並んでいて、目は多彩色で輝いていて瞳孔はない。

その卵は薄灰色でマグルは化石と勘違いしている。

オーストラリア・ニュージランド・オパールアイ種は獰猛ではなく、お腹が空いていない限り殺すことはしない。ゆえに、一番調教がしやすいドラゴン。

捕食は羊を好むが、それより大きい動物も攻撃する。

1970年代のカンガルーの殺害は、縄張りを雌に追い出された雄のオーストラリア・ニュージランド・オパールアイ種が行ったもの。

スポンサーリンク




登場巻

幻の動物とその生息地」にのみ出てきて、原作には登場しない。

ファンの描いたイラスト

スポンサーリンク