Harry Potter ハリーポッターに出てくる魔法生物(魔法動物)の
バンディマン Bundimun
の名称の意味、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

バンディマン
Bundimun

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXX:有能な魔法使いは対処が可能なレベル

生息地

世界中

概要

体は緑色。目が付いた青カビのように見える。小さな足がたくさんあって、危険を察知すると慌てて逃げ出す。

バンディマンの分泌物は汚れに餌を与え、家全体を腐らせて崩壊することすらできる。

体は腐ったような臭いがする。

時折、酸を吐き出し、深刻な被害が出る恐れがあるので要注意。

駆除対策

お祓いの魔法で駆除をすることができる。

ただし、数多く群れをなしていると大変なので専門家に任せたほうが無難。

魔法生物規制管理部の害虫相談室が対応してくれる。

魔法具・魔法薬などへの用途

分泌物

分泌物の希釈液は掃除用の魔法液として活用されているドクシー駆除剤(Doxycide)に使われる。

スポンサーリンク




登場巻

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(ビデオゲーム)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・映画・ビデオゲーム)
第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子(書籍・舞台)
幻の動物とその生息地 (書籍)
スポンサーリンク