Harry Potter ハリーポッター、「幻の動物とその生息地」の本、ファンタスティックビーストシリーズ(ファンタビ)の映画に出てくる魔法生物・魔法動物(ファンタスティックビースト)のニフラー Nifflerの名称の意味、分類、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

ニフラー
Niffler

名称の語源・由来・意味

英語の方言の動詞Niffleは「こそどろを働く」「くすねる」という意味。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXX:有能な魔法使いは対処が可能なレベル

原産地・生息地

英国

概要

ニフラーは、長い鼻と黒いふわふわの毛並みの魔法生物。キラキラ、ピカピカのものが好きで輝くものを集める習性があり、それを探すために長い鼻で地面を掘る。

ニフラーは飼うことができる。悪意はなく、飼い主には愛情を示すが、室内に置いておくと光るものを探すために物を壊すことが多い。その理由から、屋内ペットとしては向かない。

地中の穴に住む。穴は深いもので、6m程ある。一度に6〜8匹の子を産む。

腹に小さなポケットがあるが、検知不可能拡大呪文がかかっているので、大容量のものを収納することができる。


スポンサーリンク




登場巻

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍・ビデオゲーム)
ハグリッドの魔法生物飼育学でニフラーについて教えられる。
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・ビデオゲーム)
アンブリッジの部屋にニフラーが2度侵入して、部屋をめちゃくちゃにした。アンブリッジの指を噛み切って、指輪も盗もうとした。

アンブリッジはこれをハグリッドの仕業だと信じて、ハグリッドを捕らえようとしたが逃げられる。

実は、リー・ジョーダンがフレッドとジョージが残したニフラーをアンブリッジの部屋に入れたことをハリーに告げた。

幻の動物とその生息地 (書籍)
第1巻 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(シナリオ書籍・映画)
第2巻 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(シナリオ書籍・映画)
1926年、ニューヨークを訪れたニュートスキャマンダーのスーツケースに入っていたニュートの飼っていたニフラーが、二度も逃げ出した。

ニフラーはスティーン・ナショナル銀行や宝石店から、光るものを盗もうとした。

Pottermore(J・K・ローリングのサイト)

スポンサーリンク