「ハリー・ポッター」、「ファンタスティックビースト」(ファンタビ)シリーズに登場する「巨人」まとめ。

「巨人」の英語、名称の意味、分類、概要、容姿、部族、魔法や呪文に対する強さ、登場する巨人、半巨人のリスト、登場作などをまとめています。

スポンサーリンク




魔法生物(英語)

巨人
Giant

名称の語源・由来・意味

英語、Giant(複数形Giants)は。ギリシア神話の巨人ギガスΓίγας/Gigās(複数形で巨人族を意味するのは、ギガンテス Γίγαντες/Gigantes)に由来する。

巨人の容姿

体型は人間を、巨大化した風貌。7〜8メートルある巨人もいる。
大きい子供が待望される。

生息地(居住地)

山部

巨人と部族

  • 巨人は部族ごとに住んでいる
  • 部族は、その中で一番強力なガーグ(Gurg)と呼ばれる族長に率いられる
  • ガーグの座を争い、殺し合いをすることもある
  • 少人数になってしまった部族は、別の部族に取り込まれる

巨人の性質

  • 非常に残忍で、怒ると首を切る
  • 一般的に気が短い
  • 知性は魔法使い以下で、トロール以上と思われる
  • 独自の言葉、独自の習慣などがあるが、人間語などの言語習得能力はある。

巨人の強さ

  • かなり強力
  • 巨人に対して、魔法はほぼ通用しないか、全く効かない

作中に登場した巨人

フリドウルファ Fridwulfa

故人。フリドウルファはハグリッドの母でイギリス最後の巨人だった。

カーカス Karkus

カーカスはガーグと呼ばれる巨人の長だった。
ハグリッドに友好的だったが、巨人ゴルゴマスに殺害される。

ゴルゴマス Golgomath

ゴルゴマスはカーカスを倒した新たなガーグ(巨人の長)。

グロウプ Grawp

グロウプは、ハグリッドの異父弟。

スポンサーリンク




半巨人

登場巻

1巻、4巻は名称が登場したのみ。
ハグリッドはハリーポッター全7巻に登場。

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • 第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子
  • 第1作 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅