ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくるキャラクター、マダム・マクシーム。

ボーバトン魔法アカデミーの校長で、半巨人のマダム・オリンペ・マクシームのプロフィール(身長、画像、ハグリッドとの関係他)と映画の役者俳優と声優などを紹介しています。

スポンサーリンク




マダム・マクシームのプロフィール

マダム・マクシームはフランス出身の半巨人の魔法使い。
ボーバトン魔法アカデミーの校長を務める。

エレガントで、ダンブルドアによるとダンスが非常に上手とのこと。
アブラクサン(天馬)の世話が趣味。

オリンぺ・マクシームの身長

オリンぺ・マクシームの身長は作中では明記されていない。

映画で演じた女優フランシス・デ・ラ・トゥーアの身長は173cm。
巨人としての大きさを際立たせるシーンには、身長216cmある英国バスケットボールチームのイーグルスの選手だったイアン・ホワイトを起用。

ハグリッドとの関係

ハグリッドは好意を持っているもよう。
同じ半巨人同士で、三大魔法学校対抗試合のクリスマスパーティでダンスを一緒に踊ったり、ヴォルデモートの復活後に巨人の集落へ勧誘に2人で行ったりしている。

個人データ

名前 オリンぺ・マクシーム
Olympe Maxime
呼称 マダム・マクシーム
属種 魔法使い 半巨人
出身 フランス
性別 女性
職業 ボーバトン魔法アカデミー
校長
見た目 背が高い
スポンサーリンク




登場シーン

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット

三大魔法学校対抗試合に参加するボーバトン魔法アカデミーの生徒を率いて、ホグワーツに滞在した。

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ダンブルドアの要請で、不死鳥の騎士団への協力を求めるため、ハグリッドと一緒に巨人の集落を訪ねた。
しかし、勧誘は失敗する。

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

ダンブルドアの葬儀に出席した。

第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(映画のみ)

ビル・ウィーズリーフラー・デラクールの結婚式に出席した。

映画 役者女優・吹き替え声優

女優 フランシス・デ・ラ・トゥーア
声優 久保田民絵
スポンサーリンク