Harry Potter ハリーポッターに出てくる魔法生物(魔法動物)の
ケンタウルス Centaur
の名称の意味、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

ケンタウルス
Centaur

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXX:危険レベル。専門知識と技能を持つ魔法使いなら対処が可能。
攻撃的ではないのにこのレベルなのは、相手に尊厳もった待遇を求めるため。

生息地

どの国にも大抵群れを成して森に住んでいる。

概要


下半身が馬で、馬の首から上の部分が人間の胴の生き物。
ただし、半獣人ではなく、独自の生物。

人間と同じ頭脳を持ち合わせているが、ケンタウルスの希望により魔法省は魔法動物と分類している。

ケンタウルスは、鬼婆や吸血鬼などの半人間とは一緒にされたくないとのこと。

魔法使いやマグルとは関わらないようにしている。

通常は10〜15程のケンタウルスで群れをなして生活している。

スポンサーリンク




ハリーポッターに登場するケンタウルス

ハリーポッターに登場する全てのケンタウルスは禁じられた森に住んでいる。第2次ホグワーツの戦いでは、ホグワーツ防衛隊に参加して戦う。

フィレンツェ Firenze

銀髪のハンサムなケンタウルス(映画でなぜかダークヘア)。1巻でユニコーンの血を吸うヴォルデモートからハリーを助ける。後にダンブルドアの要請で、ホグワーツで占い学教授に就任。そのため、ケンタウルスの仲間から追放される。授業は女生徒から好評。シリーズ終了後は、ケンタウルスの仲間と和解して、禁じられた森に戻る。

ロナン Ronan

赤毛で赤の顎髭を生やしている。禁じられた森に入ったハリーとハーマイオニーを他のケンタウルスから守ろうとしてくれたことがある。

ベイン Bane

黒の胴体で顎鬚がある。性格は荒々しい。アーチェリーが得意で禁じられた森にずかずかと入って来て、ケンタウルスに呪いをかけたアンブリッジに矢を放つ。星、植物、人などの状況を読み解く能力がある。

8巻では「アルバスは黒い雲に包まれてる」とハリーに教える。

マゴリアン Magorian

黒髪。アンブリッジに縛りの呪いをかけられる。

登場巻

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍・映画・ビデオゲーム)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画・ビデオゲーム)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍)
第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子(書籍・舞台)
幻の動物とその生息地 (書籍)
スポンサーリンク