ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」。

ダイアゴン横丁にある「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW)の書籍の原作に基づいた概要、意味・資金の出所・映画画像などのまとめや、ファンアートを掲載しています。

スポンサーリンク




ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ(WWW)の意味・映画画像・資金の出所|ハリーポッター(ハリポタ)

「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW = Weasleys’ Wizard Wheezes)は、フレッドジョージ・ウィーズリーが始めた魔法の悪戯用品専門店。

二人はホグワーツで6年生(当日ハリーは4年生)の時に、通信販売を始めた。
7年生の時にホグワーツを中退して、ハリーが三大魔法学校対抗試合で優勝した賞金を譲り受けて、ダイアゴン横丁に店舗をオープンする。

ヴォルデモート陣営が台頭すると、「闇の魔術に対する防衛術」関連の商品を扱って、大繁盛した。

ホグワーツでは、アーガス・フェルチがWWWで売っているものは全て持ち込み禁止にする。(6巻)

フレッドはホグワーツ最後の戦いで他界し、後にロン・ウィーズリーが共同経営者となった。

その他、開店当初にはベリディというスタッフの存在が確認されている。

スポンサーリンク




ウィーズリー・ウィザード・ウィーズの英語の意味

Weasleys’ Wizard Wheezes(ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ)の英語の意味は次の通り。

  • Weasleys’ ウィーズリー
  • Wizard 魔法使い
  • Wheezes ジョーク

ウィーズリー・ウィザード・ウィーズで売っているもの

ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ商品グッズ一覧|ハリーポッター

スポンサーリンク




店名 ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ
Weasleys’ Wizard Wheezes
場所 ロンドン
ダイアゴン横丁93番地
スタッフ
スポンサーリンク




登場作品

  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7作 ハリー・ポッターと死の秘宝PART1

ファンアート

pin

スポンサーリンク