Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Brachiabind ブラキアビンド 腕縛り
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

ブラキアビンド 腕縛り
Brachiabind
brak-ee-uh-bin-doh

魔法の用途

手足を透明の縄で縛る。

呪文の語源・由来・意味

ラテン語Brachi-は腕、ギリシャ語brakhionは二の腕という意味。
英語でbindは縛るという意味。

解除の呪文

エマンシパレ 解け Emancipare

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子
ハリー
ポッター
スコーピオとアルバスを無理矢理引き離したハリーの自宅にドラコが抗議のために乗り込んで来て、言い争いになりハリーがドラコにこの呪文を使用。ドラコは自分で解除呪文のエマンシパレ 解けを使用してこの呪文を解いた。
ハリー
ポッター
スコーピオとアルバスを無理矢理引き離したハリーの自宅にドラコが抗議のために乗り込んで来て、言い争いになりハリーがドラコにこの呪文を使用。ドラコは自分で解除呪文のエマンシパレ 解けを使用してこの呪文を解く。
セドリック
ディゴリー
タイムターナーで1995年の過去にアルバスとスコーピオと一緒に戻ったデルフィは、三大魔法学校対抗試合の第三の課題の迷路でセドリックにこの呪文をかけられて縛られる。
ハーマイオニー
グレンジャー
タイムターナーで戻った1981年の過去のハロウィンの夜、聖ジェローム教会でハーマイオニーがデルフィこの呪文を使用。
スポンサーリンク