Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Impervius インパービアス 防げ
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

インパービアス 防げ
Impervius
ɪmˈpɜːrviəs/ im-pur-vee-əs

魔法の用途

水や火を防ぐ。

呪文の語源・由来・意味

ラテン語でImperviusは通り抜けれないという意味。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ハーマイオニー
グレンジャー
暴雨のクィディッチの試合に、ハリーの眼鏡の防水に使用。
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
グリフィンドールのクィディッチチーム クィディッチの試合中、防雨に使用。
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
ロン
ウィーズリー
ヴォルデモート乗っ取った魔法省で、魔法法執行部部長に就任したヤックスリーのオフィスで、物を雨から守るために使用。
ハーマイオニー
グレンジャー
グリンゴッツ魔法銀行のレストレンジ家の金庫で、山のような宝物が燃える中、ハリーとロンとゴブリンのボグロッドを炎から守るために使用するも、結局はドラゴンに乗って脱出。
スポンサーリンク