ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる呪文の
「エイビス 鳥よ」。

その呪文の英語・発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文・英語・発音

エイビス 鳥よ
Avis
eɪvᵻs/ ay-vis

呪文の語源・由来・意味

ラテン語でavisは「鳥」という意味。

魔法の用途

杖の先から鳥を出す。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット

【術者】ギャリック・オリバンダー
【場面】三大魔法学校対抗試合の前にビクトール・クラムの杖を試すため、「エイビス 鳥よ」呪文を使用。

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

【術者】ハーマイオニー・グレンジャー
【場面】ラベンダーと付き合い始めたロンに対して、鳥を出して攻撃した。
この場面の呪文は「エイビス オパグノ鳥よ 襲え」。
二つの呪文の組み合わせ。

スポンサーリンク