Harry Potter ハリーポッターの映画に出てくる呪文と魔法の
Rictusempra リクタスセンプラ 宙を舞え
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

リクタスセンプラ 宙を舞え
Rictusempra
rɪktəˈsɛmprə/ rik-tə-sem-prə

魔法の用途

本の原作のリクタスセンプラは、くすぐられて笑う呪文だが、映画では吹き飛ばされる呪文になっている。

呪文の語源・由来・意味

ラテン語でrictusは大口を開ける、semperはいつもという意味。

スポンサーリンク




登場場面のシーン【映画オリジナル】

術者 場面
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー
ポッター
決闘クラブの時に、ハリーは対戦したドラコにこの呪文を使用。ドラコはくるくると回転しながら宙に吹き飛ばされた。本の原作では全く同じ呪文でも用途が違って、この呪文を受けたドラコはほとんど動けないくらい笑った。
スポンサーリンク