ハリーポッター(ハリポタ)シリーズ、ゲーム「魔法同盟」に出てくる魔法(ヘックス:Hex)
「コウモリ鼻糞の呪い」。

そもそもコウモリ鼻糞の呪いとは?
映画に出てこない上、作中の表現もいまいちはっきりしない魔法なので、一体どのようなものなのか、見当がつかないと思っていませんか?

ジニー・ウィーズリーが得意とするその魔法の英語・発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場シーン、ファンアート画像などを紹介しています。

ゲーム「魔法同盟」での注意なども掲載。

スポンサーリンク




「コウモリ鼻糞の呪い」の英語|ハリーポッターの魔法

コウモリの鼻糞の呪い
Bat-Bogey Hex

魔法の用途

対象相手の鼻糞が大きなコウモリ(の羽もどき?)になって、鼻からコウモリを飛び出させて顔を覆う。

スポンサーリンク




登場シーン

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

【術者】ジニー ・ウィーズリー
【場面】ドラコ・マルフォイ

シリウスがブラック邸にいるかどうかを確かめるためにハリーは危険を冒して、アンブリッジのオフィスに忍び込んで暖炉ネットワークを利用。
しかし、アンブリッジと尋問官親衛隊に捕まってしまい、クルーシオをかけられそうになる。
その際に、ハーマイオニーが機転をきかしてハリーと一緒にアンブリッジを禁じられた森に誘い出す。
アンブリッジはケンタウルスに連れ去られて、大変な目にあった模様。

その間に、アンブリッジのオフィスではダンブルドア軍団と尋問官親衛隊の一部の小バトルが始まる。
ジニー はドラコに得意の「コウモリ鼻糞の呪い」をかけ、ドラコの顔をすっぽり覆った。
このジニー vs.ドラコのバトルが一押しだったとのこと。

スポンサーリンク




第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

【術者】ジニー ・ウィーズリー
【場面】ザカリアス・スミス

行きのホグワーツ 特急内で、ザカリアス・スミスは魔法省神秘部で何があったのか、ジニー ・ウィーズリーにしつこく聞き出そうとしていた。

それを嫌ったジニーはザカリアス・スミスに「コウモリ鼻糞の呪い」を放つ。

その魔法の技術を見て感心したスラグホーン先生は、お気に入りを招待していた昼食にジニーも招く。
その際に、自分はジニーに逆らわないし、ブレーズ・ザビニにもジニーに逆らわないように忠告した。

ハリー・ポッター:魔法同盟

物語中の効果とは違う。

闇払いの職業を選ぶと「コウモリ鼻糞の呪い」を使うことができる。

集中使用力1で敵1体のスタミナ(最大 -2)を減少させることができる。
ただし、発動後は闇払いが使うことができる他の強力スキルが使えなくなってしまうので注意。

スポンサーリンク




ファンアート画像

ジニーにやられたドラコ。
pin


ジニーに「コウモリ鼻糞の呪い」をかけられたザカリアス・スミス。
それを見ていたスラグホーン先生。
スラグホーン先生の容姿は、映画のようではなく原作に忠実な「セイウチ髭」がある。
pin

スポンサーリンク