ハリー・ポッター(ハリポタ)に登場する、ボブ・オグデン。

魔法省のボブ・オグデンについて、書籍の原作に基づいたプロフィールを紹介しています。
ファンアートも掲載。

スポンサーリンク




ボブ・オグデン|ハリーポッター(ハリポタ)

ボブ・オグデンは魔法使いで、1920年代の魔法省の察部隊/魔法警察パトロールの元隊長。
1996年9月7日より以前に他界したことがわかっている。
その前にゴーント家を訪れた際の1920年代当時の記録をダンブルドアに渡した。

ハリーがペンシーブで見たその当時のボブ・オグデンは、背が低く、小太り。
牛乳瓶の底のようなメガネをかけていて、そのせいで目はモグラのような点になっていた。

ボブ・オグデンがゴーントの小屋のような家を訪ねた際の服装は、マグルの洋服を真似るようにしたせいか、ワンピース型の縞々水着の上から燕尾服を羽織って、スパッツを履いていてチグハグないでたち。

ボブ・オグデンは、マグルのトム・リドル(ヴォルデモートの後の父)に蕁麻疹の魔法をかけた疑いで、モーフィン・ゴーントに同行を要請したが、モーフィンと父マルヴォーロの返り討ちに合う。
一旦姿くらましで魔法省に戻り、仲間を引き連れてゴーント家に戻り、マルヴォーロとモーフィンを連行した。

個人データ

名前・
英語名
ボブ・オグデン
Bob Ogden
属種 人間 魔法使い
性別 男性
職業 魔法省
察部隊/魔法警察パトロール
元隊長(1920年代)
スポンサーリンク




登場作

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

ファンアート

pin