ハリー・ポッター(ハリポタ)に登場する、マファルダ・ホップカーク。

魔法省の職員マファルダ・ホップカークについて、書籍の原作に基づいたプロフィールを紹介しています。

スポンサーリンク




マファルダ・ホップカークのプロフィール

マファルダ・ホップカークは魔法使いで魔法省の職員。

魔法法執行部の魔法不適正使用取締局に勤務している。

マファルダ・ホップカークは、ハリーに未成年がマグルの前で魔法を使ったことを知らせる警告状や尋問招集の手紙を数回送っている。

小柄でメガネをかけていて、ふわふわした白髪の女性。

ハーマイオニーがマファルダ・ホップカークに変身

アンブリッジが横領したスリザリンのロケットを奪い返すため、ハリー、ロン、ハーマイオニーは魔法省に侵入。
その際ハーマイオニーは、毎朝同じ時間に出勤するマファルダ・ホップカークに失神呪文をかけて、髪の毛を入手してポリジュースで変身した。

マファルダ・ホップカークに変身したハーマイオニーは、アンブリッジの要請で尋問の仕事を手伝わされた。

個人データ

名前・
英語名
マファルダ・ホップカーク
Mafalda Hopkirk
属種 人間 魔法使い
性別 女性
職業 魔法省
魔法法執行部
魔法不適正使用取締局
外見 ●小柄
●ふわふわした白髪
●メガネをかけている
スポンサーリンク




登場作

7巻での登場以外は、名前が出てくるのみ。

  • 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

映画役者 俳優

俳優 ジェシカ・スティーブンソン
(ハインズ)
スポンサーリンク