舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」が、オーストラリアのメルボルン、プリンセスシアター(プリンセス劇場)で公演中。

プレビューは2019年1月18日から、オープニングは2月23日から。
公演のチケットは2018年7月29日から発売中!

劇場の紹介、メルボルン公演のキャストや舞台の画像を掲載しています。

スポンサーリンク




舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」について

「ハリー・ポッターと呪いの子」は、ハリーポッターシリーズの8巻で、舞台のシナリオで、ハリー・ポッター対ヴォルデモートの最後の戦いから19年後のお話です。
簡単なあらすじはこちら

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」は、2016年7月から英国ロンドンで公演して、オリヴィエ賞を史上最多の9部門を受賞他、主な賞を総なめ。

続いて、2018年4月から米国ニューヨークのブロードウェイでも公演中で大人気を博し、早くもその6月に第72回のトニー賞で6部門も受賞している他、数々の賞を受賞しています。

プリンセス・シアター@メルボルン

【公演開始日】2019年2月23日〜(プレビュー1月18日〜)
【会場】プリンセス・シアター(プリンセス劇場)

オーストラリアの首都、メルボルンにあるプリンセス・シアター(プリンセス劇場)は、1854年に開業した歴史ある劇場です。

その後、改装を経て、1886年に新築再オープン。
メルボルンのランドマークの一つになっています。

 

公式サイト・SNS

「ハリー・ポッターと呪いの子」メルボルン公演 公式サイト

プリンセス・シアター 公式サイト

Instagram: Mattdavelewis


スポンサーリンク




プリンセスシアター(プリンセス劇場)の地図

ハリー・ポッターと呪いの子@メルボルン、オーストラリアの画像

劇場の様子と歓喜するファン

キャスト

スポンサーリンク