米国ニューヨーク、ブロードウェイの舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」の休演が、2021年1月3日までに延長されました。

理由は、新型コロナウィルス拡散の影響だとのこと。

ニューヨーク州では新型コロナウィルスのピークは過ぎて落ち着いてきているものの、米国全体では感染者が増え続けているための対応ではないかと。

休演期間中のチケットの払い戻しは公式サイトで対応中です。

スポンサーリンク