Harry Potter ハリーポッターシリーズに出てくる魔法薬の材料の
一角獣/ユニコーンの血 Unicorn blood
の英語、特徴、効果・効能・用途、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク






【ユニコーン】

材料名

一角獣/ユニコーンの血
Unicorn blood

特徴

一角獣/ユニコーンの血は、銀色でどろどろしている。

イギリス魔法省では、ユニコーンの血を厳重な取引禁止品目に指定している。

効果・効能・用途

死に瀕していても、ユニコーンの血を飲めば生きながらえることができる。ただし、ユニコーンの血を口に付けた瞬間から、呪われた人生を送ることになる。具体的にどのように呪われるかは明らかにされていない。(1巻)

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍・映画・ビデオゲーム)
1992年、ヴォルデモートは賢者の石を盗むまで、命をつなぐために、禁じられた森でユニコーンの血を飲んだ。
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
1994年、ピーター・ペティグリューは、ヴォルデモートが完全な体を取り戻す前の一時的な借りの体を、ユニコーンの血とナニギの毒の材料で作った。
Pottermore
スポンサーリンク