Harry Potter ハリーポッターシリーズ(ハリポタ)に出てくる魔法薬の材料の
蛙の脳みそ
の英語、この材料を使う魔法薬、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




材料名

蛙の脳みそ
Frog brain

蛙の脳みその材料を使う魔法薬

おできを治す薬 Boil Cure

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍)
ハリーがホグワーツの2年生の時、何人かの3年生が誤って地下の薬草学の教室の天井を蛙の脳みそで汚してしまう。
そのため、アーガス・フィルチが午前中ずっと掃除をしなくてはいけなくなった、と首なしニックがハリーに言った。
Pottermore
ホグワーツミステリー
蛙の脳みそは、おできを治す薬の材料の一つとして使われた。
スポンサーリンク