Harry Potter ハリーポッターシリーズに出てくる魔法薬の材料の
ベゾアール石 Bezoar
の英語、特徴、効果・効能・用途、この材料を使う魔法薬、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




材料名

ベゾアール石
Bezoar

特徴

ベゾアール石は、山羊の胃から取り出す茶色の石。しなびた内臓みたいな見た目。石の成分は、毛、植物繊維などから成っている。

貴重で入手が困難。

効果・効能・用途

ベゾアール石は、大半の毒の解毒をすることができる。

この材料を使う魔法薬

解毒薬

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍・映画・ビデオゲーム)
魔法薬学の教室で、少量のベゾアール石の在庫が棚にあった。また、医務室でも少なくとも2個は買い置きがあった。

魔法薬学の最初の授業で、スネイプ先生はハリーにベゾアール石をどこで見つけることができるか質問した。

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
魔法薬学の試験中に、ハリーはどのようにチョー・チャンをクリスパスパーティのパートナーに誘おうか考えていたため、ベゾアール石を入れ忘れた。
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍・映画・ビデオゲーム)
魔法薬学で解毒薬を作るのに失敗したハリーは「半純血のプリンス」の教科書の解毒剤の欄に「喉にベゾアール石を押し込むだけ」と書かれていたのを発見。教室の戸棚にあったベゾアール石を見つけて一つ取りスラグホーン先生にそれを解毒剤として見せる。その選択にリリー譲りの魔法薬学の才能を見出した(と誤解した)スラグホーン先生は、グリインドールに10点を追加する。
ロンの誕生日の日に、スラグホーン先生は蜂蜜酒を空けてロンとハリーに振る舞い、一番始めにそれを飲んだロンは痙攣したり泡を吹いたりして倒れる。放心したスラグホーン先生を横目に、ハリーはベゾアール石を探してみつけ、それをロンの喉に押し込み、ロンを危機から救う。しかし、ロンは一週間程入院することになる。
Pottermore
スポンサーリンク

コメントを残す