Harry Potter ハリーポッターシリーズに出てくる魔法薬の
戯言薬 Babbling Beverage
の英語、効果・効能・用途、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法薬名

戯言薬 Babbling Beverage

効果・効能・用途

飲むと訳がわからない支離滅裂なこと言う薬。

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画・ビデオゲーム)
1996年。ハリーは、シリウスが魔法省の神秘部にいてトラブルが発生していると信んじる(実は違うのだが) 。そのことをアンブリッジのいる前で不死鳥の騎士団のメンバーであるスネイプに暗号化して伝える。アンブリッジはスネイプにハリーが何を言ったのかを問うが、スネイプは「全然わからない」と答える。実はスネイプはそれを理解したが、いかにもハリーが意味不明なことを言っているかのように見せかけるため「自分に意味不明のことを言って欲しいときは、君に戯言薬飲んでもらう」と伝えた。
スポンサーリンク

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.