Harry Potter ハリーポッターシリーズに出てくる魔法薬の
忘れ薬 Forgetfulness Potion
の英語、効果・効能・用途、材料、作り方、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法薬名

忘れ薬 Forgetfulness Potion

調合レベル

初級

効果・効能・用途

記憶を失う薬。どの程度失うかは不明。

明らかにされている材料

  • 忘却の川の水 2 滴 drops of Lethe River Water
  • カノコソウの小枝 2つ Valerian sprigs
  • ヤドリギの実 4 mistletoe berries

作り方

「魔法薬調合法」アージニウス・ジガー著(1年生からの教科書)に掲載されている。

第1段階

  1. 大鍋に2滴の忘却の川の水を入れる。
  2. 20秒弱めに温める。
  3. カノコソウの小枝を2つ入れる。
  4. 3回、時計回りに掻き回す。
  5. 杖を振る。
  6. 45〜60分、置いておく。

第2段階

  1. すり鉢にスタンダードな材料を2計量入れる。(材料が何かは不明)
  2. ヤドリギの実を4つすりこぎで潰して、中くらいの粉末にする。
  3. それを2つまみ大鍋に入れる。
  4. 5回、反時計回りに掻き回す。
  5. 杖を振ると出来上がり。
スポンサーリンク




登場巻とシーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍)
ロンとハーマイオニーは期末試験の勉強を一緒にしていた。ハーマイオニーが「忘れ薬の必須材料は?」と出題すると、ロンは「忘れた」と答える。
1992年の一年生の魔法薬の期末試験に、スネイプは「忘れ薬」の調合を課した。
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)
スポンサーリンク

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.