Harry Potter ハリーポッターシリーズに出てくる魔法薬の
真実薬の解毒剤 Antidote to Veritaserum
の英語、特徴、効果・効能・用途、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法薬名

真実薬の解毒剤 Antidote to Veritaserum

語源・由来

ラテン語veritasは、真実という意味で、serumは、液体という意味。

特徴

不明。

効果・効能・用途

真実薬 ベリタセラム」の解毒剤。

とても強力な閉心術を使えば、解毒剤と同様に「真実薬 ベリタセラム」の効果を相殺できる。

明らかにされている材料

不明

作り方

不明

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍・映画・ビデオゲーム)
ダンブルドアはスラグホーンから、トム・リドルについての記憶を得ようとしていたがうまくいかなかったのでそれをハリーに一任する。ダンブルドアはハリーに、黒歴史の記録を絶対に渡したくない用心深いスラグホーンは、「真実薬 ベリタセラム」を相殺するために、閉心術の心得と共に「真実薬の解毒剤」をいつも持ち歩いているのではないかと思っている、と伝えた。
スポンサーリンク

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.