ハリーポッター(ハリポタ)やゲームに出てくる魔法薬の
「バルッフィオの脳活性秘薬」。

バルッフィオの脳活性秘薬とは?
その英語、特徴、効果・効能・用途、登場シーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法薬・英語名

バルッフィオの脳活性秘薬
Baruffio’s Brain Elixir

バルッフィオの脳活性秘薬とは?その効果・効能・用途

ハリー・ポッターの一学年先輩のレイブンクロー生のエディ・カーマイケル
エディによると、一年前に自分がOWL試験で9科目も「O=Outstanding(優)」が取れたのは「バルッフィオの脳活性秘薬」のおかげだとのこと。

闇取引で、エディは半リットル瓶を一本12ガリオンで売っていた。

ハリーとロン・ウィーズリーは、「バルッフィオの脳活性秘薬」を買おうとする。
しかし、ハーマイオニー・グレンジャーがその「バルッフィオの脳活性秘薬」を没収してトイレに捨てた。

バルッフィオとは?

バルッフィオという名前の魔法使いが物語にでてくるが、「バルッフィオの脳活性秘薬」との関係は明らかにされていない。

明らかにされている材料

物語の中では作り方は明らかにされていない。
ゲーム「ハリーポッター :魔法同盟」で使われる材料は次の通り。

スポンサーリンク




登場作

  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • ハリー・ポッター:魔法同盟
スポンサーリンク