ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる魔法薬の
縮み薬。
その英語、特徴、効果・効能・用途、材料、作り方、登場作品、シーンなどをまとめています。

スポンサーリンク




縮み薬の英語|ハリーポッター

縮み薬
Shrinking Potion

特徴

緑色の液体。

効果・効能・用途

飲むと、幼い頃の容姿になり、体が縮む薬。

明らかにされている材料

  • 雛菊の根 Minced daisy roots
  • 萎びイチジク Peeled Shrivelfig
  • 死んだ芋虫 Sliced caterpillars
  • ネズミの脾臓 rat spleen
  • ヒルの汁 leech juice
  • 毒芹(ドクゼリ) cowbane
  • 煎じたニガヨモギ Infusion of Wormwood

作り方

「魔法薬之書」ジグムント・バッジ著
ホグワーツの図書室にある。(Wizarding World情報)

  1. 2つの萎びイチジクの汁を絞り、大鍋にその血の色の液体を入れる。
  2. ゆっくりと掻き回す。
  3. 穏やかに薬を温める。
  4. 雛菊の根を細かく刻み、大鍋に入れる。
  5. 大鍋に5匹の毛虫を入れる。
  6. よく振り混ぜた煎じたニガヨモギを加える。
  7. 激しく掻き混ぜる。
  8. 4匹のヒルを絞り、その汁を加える。
  9. ゆっくりと掻き混ぜる。
  10. 少量のドクゼリを入れる。
  11. ゆっくりと掻き混ぜる。
  12. 高温で熱する。
  13. 特有の方法で杖を振ると出来上がり。
スポンサーリンク




登場作品・シーン

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・ビデオゲーム)
スネイプ先生の出した夏休みの宿題は「縮み薬」についてのレポートだった。

新学年が始まり、一番初めに作った魔法薬が「縮み薬」。

スネイプ先生は、ヒッポグリフのバックビークによる傷で片手が使えなくなっていたドラコ・マルフォイの分の薬を、ハリーとロンに作るように言いつけた。

ネビル・ロングボトムは、ヒルの汁とネズミの脾臓を入れ過ぎて失敗したが、ハーマイオニーにこっそり指示してもらい何とか完成。

スネイプ先生はネビルのペットでヒキガエルのトレバーに「縮み薬」を飲ませ、無事におたまじゃくしになった。

しかし、ハーマイオニーがこっそり手伝ったことを察したスネイプ先生はグリフィンドールを5点減点にした。

Wizarding Worldサイト
Wizarding Worldの「最も危険な魔法薬、毒、植物」のリストに「縮み薬」が入っている。