Harry Potter ハリーポッターシリーズに出てくる魔法薬の
脱狼薬 Wolfsbane Potion
の英語、特徴、効果・効能・用途、材料、作り方、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法薬名

脱狼薬 Wolfsbane Potion

特徴

とても苦い。ルーピン先生によると「砂糖を入れると薬の効果がなくなる」とのこと。

効果・効能・用途

人狼が満月の夜の一週間前からコップ並々一杯の「脱狼薬」を毎日飲むと、変身しても理性を失わずにいられる。ただし、一回でも飲み忘れると、効果はない。

明らかにされている材料

ウルフスベーン Wolfsbane。別名、トリカブト。

作り方

作り方は不明だが、薬が完成した時は、かすかな青色の煙が立つ。
薬はマーカス・ベルビィの叔父のダモクレスが、近年に開発した。「脱狼薬」の調合は難しいので、一般レベルでは作成が不可能。改ざんされたレシピで調合した場合、酷い副作用がある。

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・映画・ビデオゲーム)
人狼のルーピン先生はダンブルドア校長が「脱狼薬」の無限提供を約束してくれたので、ホグワーツで教鞭を取ることにした。「脱狼薬」はスネイプ先生が調合した。

ハリー、ロン、ハーマイオニー、シリウス、ルーピン先生は、叫びの館でピーター・ペティグリューを捕らえて帰る時に満月が出て、「脱狼薬」を飲み忘れたルーピン先生が狼に変身して理性を失った。

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍・映画・ビデオゲーム)
薬名が出てきただけ。
スポンサーリンク