Harry Potter ハリーポッターシリーズに出てくる魔法薬の
ぺしゃんこ薬 Deflating Draught
の英語、効果・効能・用途、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法薬名

ぺしゃんこ薬
Deflating Draught

効果・効能・用途

魔法で膨れてしまった部分を戻す薬。ふくれ薬(膨れ薬)の解毒剤。
▶︎ふくれ薬(膨れ薬)の詳細や作り方などはこちら

明らかにされている材料

不明

作り方

不明

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍)
ポリジュース薬を作るために二角獣の角と毒ツルヘビの皮が不足していて、入手はスネイプ先生の研究室のみ可能。ゆえに、ハーマイオニーは、魔法薬学の授業中にハリー達に陽動を頼む。ハリーは「フィリバスターの長々花火」をゴイルの「ふくれ薬」入りの鍋に飛ばす。周りの半数の生徒は飛び散った「ふくれ薬」を浴びてしまい、それがかかった部分がふくれ始める。スネイプ先生が生徒に「ぺしゃんこ薬」を渡している隙に、ハーマイオニーはこっそり教室を抜け出して素材を入手する。
スポンサーリンク