Harry Potter ハリーポッターシリーズ(ハリポタ)に出てくる魔法薬の材料の
ラビッジ
の英語、特徴、効果・効能・用途、この材料を使う魔法薬、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク






【ラビッジ】

材料名と英語名

ラビッジ
Lovage (Levisticum officinale)

ラビッジの特徴

脳を混乱、錯乱させる作用がある。

ラビッジの材料を使う魔法薬

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍)
名称がでてきたのみ。集中力を欠いたハリーは、グリフィンドールの談話室でトモシリソウラビッジオオバナノコギリソウの使い方について何度も読み返した。

現実世界のラビッジ

セロリに形も風味も似ている。

葉はハーブとしてサラダやスープに使われる他、実や種も料理に使われる。
また、英国ではラビッジ入りリキュールもある。

ラベージ茶は消化力促進に良いと言われていて、外傷の消毒液としても活用される。

アロマオイル、エッセンシャルオイルもある。

ラベッジを煎じたものをお風呂に入れると、リラックス効果が期待できる。

スポンサーリンク