ハリーポッター(ハリポタ)とファンタスティック・ビースト(ファンタビ)シリーズに出てくる呪文、
「フィニート・インカンターテム 呪文よ終われ」。

その英語、発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、画像、登場場面のシーン、などを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文・英語・発音

フィニート・インカンターテム 呪文よ終われ
Finite Incantatem
fɪˈniːteɪ ˌɪŋkənˈtɑːtəm/ fi-nee-tay in-kən-taht-əm

呪文の語源・由来・意味

ラテン語でFinireは終わらせるという意味。

魔法の用途

かかっている呪文を終わらせる。Finiteのみの短縮系もある。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

<映画版のみ>

【術者】ハーマイオニー・グレンジャー
【場面】クィディッチの試合終了後もなお、ドビーが操った狂ったブラッジャーがハリーを襲っていた。
ハーマイオニーはブラッジャーにフィニート・インカンターテム呪文を放ち、ブラッジャーは爆発して粉々に砕け散った。


【術者】セブルス・スネイプ
【場面】決闘クラグでハリーとドラコがしょうもない呪文の打ち合いを始める。
スネイプ先生はフィニート・インカンターテム呪文を放ち、ハリー→ドラコのリクタスセンプラ 笑い続けよ呪文、ドラコ→ハリーのタラントアレグラ呪文の両方を終わらせた。

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

【術者】リーマス・ルーピン
【場面】魔法省の神秘部のバトルでネビルがタラントアレグラ 踊れの呪文でステップを踏んでいたのをこの呪文で終わらせた。

第6作 ハリー・ポッターと謎のプリンス

<映画版のみ>

【術者】ルーナ・ラブグッド
【場面】ホグワーツ特急内で、ドラコに石化されたハリーにルーナが「フィニート」呪文を放つ。
ハリーを解放して、透明マントを剥がした。

第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

【術者】ハリー・ポッター
【場面】ホグワーツ最後の戦いの時に、必要の部屋でクラッブがディセンド 落ちろの呪文を使用した時に、それを終わらせるために「フィニート・インカンターテム」呪文を使用。

第2作 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

【術者】

【場面】
グリンデルバルドが打ち出した強力な魔法を、共同で円陣を組んでこの呪文を全員で使用。
浄化の火がグリンデルバルドの悪魔の炎を押し返して、魔法を終わらせた。

*Narato様のご指摘で、ルーナの部分を追記しました。
どうもありがとうございます。

スポンサーリンク