ハリーポッターの病院「聖マンゴ魔法疾患傷害病院」について、まとめています。

癒者(ヒーラー)、肖像画、入院患者の一覧も掲載しています

スポンサーリンク




ハリーポッターの「聖マンゴ魔法疾患傷害病院」とは?

ハリーポッターに登場する聖マンゴ魔法疾患傷害病院(St Mungo’s Hospital for Magical Maladies and Injuries)とは、魔法・魔法薬・魔法動物・呪いによる病気・傷・障害を治療する病院。

魔法使いだけではなく、魔法関連で傷や障害などを受けたマグルも治療する。

聖マンゴ魔法疾患傷害病院では、魔法使いのヒーラー(癒者)が患者の手当をする。

場所

聖マンゴ魔法疾患傷害病院は、ロンドンの中心街にあるマグルのデパート「パージ・アンド・ダウズ商会」にある。

「パージ・アンド・ダウズ商会」は「閉店改装中」だが、通りすがりのマグルによると、一度も開いたことがないとのこと。

概観は赤レンガの建物で、ショーウィンドウには古びたマネキンが流行遅れの服を着て統一性なく配置されている。

スポンサーリンク




寄付金

  • ルシウス・マルフォイが大金を寄付。そのお陰で、マルフォイ父子はクィディッチW杯に魔法大臣の客として招待された。
  • イギリス魔法省のアトリウムにある噴水「魔法族の和の泉」に投げいらられたコインは、聖マンゴ魔法疾患傷害病院に寄付されている。
  • セレスティナ・ワーベックのチャリティアルバムによる寄付。

関係者

職員

肖像画

入院患者

登場作品

  • 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝