ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる呪文の
「プライオア・インカンタート 直前呪文」。

その呪文の英語・発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場シーン、ファンアート画像などをまとめています。

兄弟杖でのバトルで、ハリーがエクスペリアームス呪文を使ったときに起きた現象です。

スポンサーリンク




呪文・英語・発音

プライオア・インカンタート 直前呪文
Prior Incantato
praɪɔːr ˌɪŋkænˈtɑːtoʊ/ pry-or ing-kan-tah-toh

呪文の語源・由来・意味

ラテン語でpriorは前の、incantareは呪文を唱えるという意味。

魔法の用途

杖が最後に使った呪文を再現する。
過去に使った呪文が再現できる特例もある。

【特例】ハリーが放ったエクスペリアームスで起きた兄弟杖バトルの現象

ヴォルデモートは復活直後に、ハリーへ決闘を申し込む。

2人の杖は、芯がダンブルドアのペットの不死鳥フォークスの尾羽根を使っている兄弟杖だった。

ゆえに、ヴォルデモートが放ったアバダ・ケダブラ呪文の緑色とハリーのエクスペリアームス呪文の赤色がぶつかり合わさって、一筋の眩しい金色の糸のようになり、杖がつながった。

光で結ばれたまま、2人は空中に浮揚して、墓石から遠ざかり、空き地に着地。
2人をつないでいるの光はそのままに、それが分裂して、光のドーム型の網が形成されて、2人を覆った。
光の網の一本一本から不死鳥の歌が聴こえてきて、やがてハリー自身の周囲だけでなく、体の中にも響くようになる。
杖同士を結ぶ光の糸上に光の玉が現れて、ヴォルデモートと玉の押し合いをする。
最後にヴォルデモートの杖にそれが触れると、ヴォルデモートが殺害した両親を含む人たちがゴーストとなって現れた。

ダンブルドアによると、それは「直前呪文」の呪文逆戻し効果による稀なものだとのこと。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット

【術者】エイモス・ディゴリー
【場面】ワールドカップの後、ウィンキーが手にしていたハリーの杖で闇の印が放たれたどうかの確認をするために、プライオア・インカンタート呪文を使って直前の呪文を調べた。


【術者】兄弟杖同士が勝手に発動
【場面】リトル・ハングルトンの墓地で、ヴォルデモートとハリーの兄弟杖がバトルをしたときに直前呪文が発動した。

第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

ハリーは、ハリーとハーマイオニーが使った杖を死喰い人たちが直前呪文を使って調べ、ヴォルデモートが後に「ニワトコの杖」を欲しがることを推測した。

ファンアート画像

スポンサーリンク