Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Levicorpus レビコーパス 身体浮上
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

レビコーパス 身体浮上
Levicorpus
lɛvᵻˈkɔːrpəs/ lev-i-kor-pəs

魔法の用途

相手の足首を見えない力でつり上げ、体を逆さまにして空中に浮かせる。本来は無言呪文として発明された。

呪文の語源・由来・意味

ラテン語levareは持ち上げる、corpusは体という意味。

反対呪文

リベラコーパス 身体自由 Liberacorpus

魔法の発明者

セブルス・スネイプ(半純血プリンス)

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ジェームズ
ポッター
スネイプのオフィスにて閉心術の個人レッスン中、ハリーは誤ってペンシーブでスネイプの記憶をみる。その記憶の中には、ホグワーツ学生時代のジェームズが、スネイプにこの呪文を使用。リリーがジェームズに対して怒り、反対呪文のリベラコーパス 身体自由を放たせて降ろさせた。
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー
ポッター
「半純血のプリンス」の私物、上級用の魔法薬学の本を手に入れたハリーは、そこに走り書きしてあったこの呪文を知る。そこには、この呪文は無言呪文だと記されていた。ハリーは、誤ってロンにこの呪文を使用してしまったので、反対呪文であるリベラコーパス 身体自由の呪文で解除した。
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
ハーマイオニー
グレンジャー
グリンゴッツ魔法銀行のレストレンジ家の金庫破りの際に使用。双子の呪いで増え続ける宝物のレプリカに埋もれるハリーに対して、ハーマイオニーはこの呪文を放ち、浮き上がらせてハッフルパフのカップを取りに行かせた。尚、これが作中で初めての、無言ではなく、小声での呪文となった。ハリーはカップを手に入れた後、反対呪文のリベラコーパス 身体自由で下りた。
スポンサーリンク