Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Reducto レダクト 粉々
の用途や登場場面のシーンなどを紹介しています。
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

レダクト 粉々
Reducto
rɛˈdʌktoʊ/ re-duk-toh

魔法の用途

物(固いものでも)を爆破して粉々にする。

呪文の語源・由来・意味

英語でReduceは粉々にする、減る、縮むという意味。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ハリー
ポッター
三大魔法学校対抗試合の第三の課題に備えてこの呪文を学び、実際に課題中に迷路の生け垣にこの呪文を放ったが、小さな焦げ穴が出来ただけで終わった。
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
パーバティ
パチル
必要の部屋でのダンブルドア軍団の訓練の時に、この呪文でテーブルを粉々にした。
ハリー、ロン
ハーマイオニー
ネビル、ルーナ
ジニー
魔法省の神秘部のバトルの際に、棚にあった多数の予言玉を粉々にした。
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
不死鳥の騎士団
のメンバー
死喰い人がダンブルドアを天文塔に追いつめた時にドアに欠けた鍵を、この呪文で粉々にした。
スポンサーリンク