ハリーポッター(ハリポタ)シリーズの登場人物キャラクター、アラスター・ムーディ。
元闇祓いの通称マッドアイのプロフィールを原作やpottermoreに基づいて紹介しています。
その正体は?いつからクラウチ・ジュニアが変身して入れ代わったのか、強さ、実は弱い?、なぜ死んだのか(死因)、映画の役者俳優や声優名など。

スポンサーリンク




アラスター・ムーディ(マッドアイ)のプロフィール

アラスター・ムーディ(マッドアイ)は、イギリス魔法省の生え抜きの強力な歴戦の闇祓い。
両親も共に闇祓いだった。

ハリーが4年生の時に、ダンブルドアに請われて、ホグワーツの「闇の魔術に対する防衛術」教師に就任することに…

ホグワーツで教鞭を振うマッドアイの正体は?

ホグワーツで教鞭を振うマッドアイの正体は、ポリジュースで変身していた死喰い人のバーティ・クラウチ・ジュニアだった。

こちらは↓バーティ・クラウチ・ジュニアが変身したムーディ。

こちらは↓本人。(ただし、役者は同じ)

いつからバーティ・クラウチ・ジュニアが変身して入れ代わったのか

1994年8月末、ホグワーツに赴任する前日にピーター・ペティグリューとバーティ・クラウチ・ジュニアに襲撃され、自分のトランクの中に監禁されてしまう。
作者のJKローリングによると、その時は油断をしていた、とのこと。

マッドアイの強さは?実は弱い?

アラスター・ムーディ(マッドアイ)は強いか、実は弱いかよくわからないので、作中の描写をピックアップ。
結論:昔は強かったが、その後は全盛期と比べると劣る描写が多い。

強さの描写

  • 「ムーディーのおかげでアズカバンの独房の半分は埋まった」チャーリー談(4巻)
  • 7人のハリーの作戦の際、ヴォルデモートは、本物のハリーはムーディが守る(歴戦・最強)と予想
  • 7人のハリーの作戦の際、ハリー陣営も、ヴォルデモートが「ハリーはムーディが守る」と予想して、その通りになった

弱い描写

なぜ死んだのか(死因)

7人のハリーの作戦の際、本物のハリーはムーディが守ると予測したヴォルデモート本人に追跡される。
実は、アラスター・ムーディ(マッドアイ)は、ポリジュース薬でハリーに化けたマンダンガス・フレッチャーと共に飛行。

しかし、ヴォルデモート本人を見たマンダンガス・フレッチャーが、恐怖におののき、姿くらまし、で逃走。
それを止めようとした際に、ヴォルデモートが死の呪文を放つ。
マッドアイは、それを顔にまともに受けて、即死して墜落。

遺体は不明。
ただし、ハリーは魔法省に忍び込んだ際に、ドローレス・アンブリッジのオフィスでマッドアイの義眼を発見。
ハリーはそれを取り戻して、森に埋葬する。

アラスター・ムーディ(マッドアイ)の杖

アラスター・ムーディ(マッドアイ)の杖の素材や長さは一切不明。
ただし、映画に使われた杖と同様のものが、The Noble Collectionから発売されている。
pin

名前
英語名
アラスター・ムーディ
Alastor Moody
通称 マッドアイ
Mad-Eye
誕生 1961年以前
死去 1997年7月27日
属種 人間 魔法使い
性別 男性
職歴 ●イギリス魔法省 闇祓い
●ホグワーツ 闇の魔術に対する防衛術 教師
所属 不死鳥の騎士団

外見

闇祓いとして、長く戦い続けたため、全身にその痕跡がみられる。
一番の特徴は義眼。

グレー
傷だらけ
片目がもの、透明マント、後ろを透視できる魔法の義眼
大きく削がれている
片足が木の義足
スポンサーリンク




登場シーン

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍・映画・ビデオゲーム)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画・ビデオゲーム)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・映画PART1・ビデオゲーム)
pottermore

映画役者 俳優・吹き替え声優

俳優 ブレンダン・グリーソン
声優 小林修
スポンサーリンク