ハリー・ポッター(ハリポタ)シリーズに出てくるガラテア・メリィソート (Galatea Merrythought)とは、アーマンド・ディペットがホグワーツ校長だった時に在籍していたの闇の魔術に対する防衛術の教師です。

50年程ホグワーツで教えていました。

当時の同僚は、アルバス・ダンブルドアホラス・スラグホーン

老いたガラテア・メリィソートは、トム・リドルが卒業する頃に退職。

スポンサーリンク




トム・リドル(後のヴォルデモート)は、その後任をアーマンド・ディペット校長に打診。

しかし、アルバス・ダンブルドアからトム・リドルの申し出を受け入れないように進言されていたアーマンド・ディペット校長は断っています。