ハリー・ポッター(ハリポタ)シリーズに出てくるアーマンド・ディペット Armando Dippetとは、トム・リドル(後のヴォルデモート)が学生時代のホグワーツの校長です。

アーマンド・ディペットの校長時代に初めて「秘密の部屋」が開かれて、嘆きのマートルが殺害されました。

スポンサーリンク




トム・リドルはその責任はハグリッドがこっそり飼っていたアクロマンチュラのせいだというように偽証。
アーマンド・ディペットはそれを見抜けず、ハグリッドを退学にします。

引退後は、アルバス・ダンブルドアが後任者となりました。