ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに登場する魔法の
「暴れ柳」。

その英語、特徴、登場場面、画像、ファンが描いたイラストなどを紹介しています。
ホグワーツでは、叫びの館につながる穴の上の場所に立っています。

スポンサーリンク




暴れ柳と英語名

暴れ柳
Whomping Willow

暴れ柳の特徴

触れられるのを嫌って暴れる柳の木。

近づくいたり、触ったりするものを攻撃する。

柳のとあるこぶを突くと、動かなくなる。

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

ホグワーツでも暴れ柳が植えられている。
暴れ柳は、ハリーとロンが乗った空飛ぶフォードアングリアが近づいたため、攻撃。
車はボロボロになった。

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

ハリーたちは、「暴れ柳」の下にある穴を通って、ホグワーツと「叫びの屋敷」を行き来した。
シリウス・ブラックを捕らえにいったが、結局ピーター・ペティグリューを捕らる。

ちなみに、リーマス・ルーピンが入学した年に植えられたホグワーツから「叫びの屋敷」に直接行ける穴の上に、「暴れ柳」が植えられた。

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット

三大魔法学校対抗試合の第三の課題の前に、ハリーの「家族」枠として見にきてくれたウィーズリー夫妻とビルに校内を案内。
モリー・ウィーズリーは「暴れ柳」に関心を示した。

第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

ハリーたちは、ホグワーツの「暴れ柳」の下にある穴を通って、「叫びの屋敷」にいるはずのヴォルデモートの元へ向かう。

第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子

別次元では「暴れ柳」の下に通じる地下の隠れ家があった。
スネイプはそこにスコーピウスを案内して、ハーマイオニー、ロンに会わせた。

ファンが描いたイラスト画像

スポンサーリンク